忘れられないカニ料理

私の思い出のカニ料理といえば、子供の頃、愛媛の祖父母のところへ遊びに行っては、食べさせてもらった、がざみ(渡り蟹)です。お祭り時期には、必ずと言っていいほど、甘?い味噌と卵を持ったメスを買っていてくれました。私が大好きなのを知っている祖母は、当時、我慢することなく、大きいカニを何匹も買ってきては、たらふく食べさせてくれていました。

今になって思うと、そんなに安いものでは無く、お祭り時期は更に値が張るので、かなり贅沢をしていたなと思います。祖母は、いつもみりんと酒とほんの少しの風味づけの醤油で茹でてくれていました。塩気はカニの出汁のみですが、これが、ものすごく美味しいのです。たまに、カニは殻が硬くて、むぐのが大変だから苦手という方がいますが、私は、幼稚園頃から祖父に殻の割り方を教えてもらい、自分で剥いて食べていましたので、むきながらでないと、食べた気になりません。そんな祖父母が、北海道へ旅行に行った際に送ってくれた毛ガニは、味噌がもの凄く濃厚で美味しかったのを覚えています。あまりに味噌が美味しすぎて、身は印象に残っていませんが。

大人になってから、食べて感激したのは、大阪の網元というお店でカニのフルコースを食べさせてもらった時の松葉ガニのお刺身です。こんなに身を甘く感じたのは初めてでした。それに、旬の時期のタグ付きだったからでしょうか、身に張りがあり、新鮮でプリップリでした。カニ酢にちょんと、つけて口に運ぶと、しばらく美味しい余韻に浸ってしまいます。その後も何度か、旅館などで、カニのお刺身を食べる機会はありましたが、やはり、お値段相応だという印象でした。

あと、冬の楽しみといえば、カニすきです。タラバ蟹よりズワイ蟹のいいお出汁が好きで、これはお店でもお家でも、大満足です。カニのお出汁を含んだ白菜や春菊やえのきもたまりません。何と言っても、最後の締めの雑炊に卵とあさつきをちらして食べると、幸せな気持ちでお布団に入ることが出来ます。同じくらい美味しいカニをネットショップで買うとしたらかに本舗通販を利用するかなと思っています。

Categories: Uncategorized